交通事故で怪我をした時のその後の流れについて

交通事故に遭った時に法的な損害賠償請求をするのですが、果たしてどのようにすれば良いのでしょうか。 "予期しない交通事故は、思わぬ怪我を負う場合があります。 交通事故に慣れている人はいないので、その場で取る対応をどうしたら良いのか分からず、パニックとなってしまうという人がほとんどです。 事故後の対応についてはその状況により異なるのですが、大きな流れを知っているだけで慌てることなく対応することが出来ます。 そこでここでは交通事故で怪我をした時に取る対応と、その後の流れについて説明します。 まず交通事故に遭った場合には警察に、事故が発生したことを報告する必要があります。 警察への通報で怪我人がいるかどうか、事故の状況や現場の住所などを知らせて到着を待ちます。 そして怪我をした時にはその場に警察官が到着次第、事故の状況を詳しく調べて実況見分調書の作成に入ります。 この時に怪我の具合がひどく救急搬送されている場合には、後日実況見分を行う場合もあります。 この実況見分は事故発生から時間を経過させずに、事故の状況を把握することで発生時の記憶を間違えることなく、資料として残し後の過失割合などで参考に使われます。 警察への通報をしたら自分が加入している、保険会社への連絡も忘れずにします。 保険会社への連絡によって治療費やその後の交渉時の、弁護士費用などの相談をすることが出来ます。 この時に加害者との話が出来る状態であれば、相手側の加入している保険会社の確認も行っておくべきです。 それは今後は加害者とではなく話し合いには、加害者が加入している保険会社とのやり取りになるためです。 そして肝心なのが自分の怪我の程度が軽く、すぐに緊急搬送の必要がない場合は加害者の氏名や住所、常時連絡が取れる連絡先、仕事先や学校、加害者の車のナンバーなどを控えておくことがとても重要です。"