自分の怪我がどの程度なのかを知る必要があります。